こよなう心寄せきこ 139 ★☆☆

2020-09-11★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,

桐壺 原文 かな書き 現代語訳 第9章13

こよなう心寄せきこえたまへれば 弘徽殿の女御 またこの宮とも御仲そばそばしきゆゑ うち添へて もとよりの憎さも立ち出でて ものしと思したり

こよなう/こころ-よせ/きこエ/たまへ/れ/ば こうきでん-の-にようご また/この/みや/と/も/おほむ-なか/そばそばしき/ゆゑ うち-そへ/て もとより/の/にくさ/も/たち-いで/て ものし/と/おぼし/たり

若宮があまりに藤壺の宮に心をお寄せになるので、弘徽殿の女御は、若君同様この藤壺の宮とも疎遠であったため、元もとあった亡き方への憎しみも蘇り、不快だとお思いになる。

桐壺 注釈 第9章13

こよなう 01-139

他との程度に格段の差があること。

心寄せ 01-139

好意を寄せること。自動詞「心寄す」の連用形。

この宮とも 01-139

若君のみならずこの藤壺の宮とも。

そばそばしき 01-139

かどばっている。とげとげしている。

うち添へて 01-139

光源氏と藤壺の宮二人一緒に。通例「(藤壺の宮と仲が悪いの)に加えて」と解釈するが、「も立ち出でて」と意味が重複する。次の文が、光源氏と藤壺の宮を並べて提示するので、「ものし」の対象も二人「うち添へて」と取るのがよい。

もとよりの憎さ 01-139

生前の桐壺更衣に対して抱いていた憎しみ。

ものし 01-139

「もの」に対する感覚。

語りの対象&構造型

対象:光源氏弘徽殿の女御藤壺の宮光源氏と藤壺の宮桐壺更衣に対する憎さ

こよなう心寄せきこえたまへれば》A
若宮があまりに藤壺の宮に心をお寄せになるので、


弘徽殿の女御 また この宮とも 御仲そばそばしきゆゑ》B
弘徽殿の女御は、若君同様この藤壺の宮とも疎遠であったため、


うち添へて  もとよりの憎さも立ち出でて・ ものしと思したり》C・D
元もとあった亡き方への憎しみも蘇り、不快だとお思いになる。

直列型:A<B<C<D:A<B<C<D

 A<B:AはBに係る Bの情報量はAとBの合算〈情報伝達の不可逆性〉
 ※係り受けは主述関係を含む


〈直列型〉<:直進 :倒置 〈分岐型〉( ):迂回 +:並列
〈中断型〉φ:独立文 [ ]:挿入 :中止法


〈反復型〉~AX:Aの置換X A[,B]:Aの同格B 〈分配型〉A<B|*A<C ※直列型以外は複数登録、直列型は単独使用

情報の階層&係り受け

構文:と思したり/四次

〈[光源氏]〉こよなう心寄せきこえたまへれ  〈弘徽殿の女御〉またこの宮とも御仲そばそばしきゆゑ うち添へて もとよりの〈憎さ〉も立ち出でて ものし と思したり

主〉述:一朱 二緑 三青 四橙 五紫 六水 [ ]: 補 /: 挿入 :分岐

「心寄せきこえたまへれば」→「弘徽殿の女御…と思したり」

係り受け&主語述語

「またこの宮とも御仲そばそばしきゆゑ」:語り手の理由説明


「うち添へて」→「ものしと思したり」


「もとよりの憎さも立ち出でて」:語り手による追加説明

附録

助詞の識別

こよなう心寄せきこえたまへ  弘徽殿女御 またこ 御仲そばそばしきゆゑ うち添へ もとより 憎さ立ち出で ものし思したり

助詞:格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞

敬語の識別

こよなう心寄せきこえ たまへれ ば 弘徽殿の女御 またこの宮と も仲そばそばしきゆゑ うち添へて もとより の憎さも立ち出でて ものしと思したり

尊敬語 謙譲語 丁寧語