藤壺と聞こゆ    桐壺09章06

2021-03-28

 読 意味

藤壺聞こゆ

01132/難易度:☆☆☆

ふぢつぼ/と/きこゆ

藤壺と申し上げる。

構造&係り受け

主語述語と大構造

〈[世人]〉藤壺聞こゆ

助詞と係り受け

藤壺聞こゆ

藤壺聞こゆ

助詞:格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞

助動詞の識別:φ

敬語の区別:聞こゆ

藤壺聞こゆ

尊敬語 謙譲語 丁寧語

古語探訪

藤壺 01132

藤壺は清涼殿の北にある飛景舎(ひげいしゃ)のことで、藤が植えられていることから藤壺の異称を持ち、宮もその名で呼ばれた。

聞こゆ 01132

中にないがこのの主語は宮中の人々で、「聞こゆ」は「言ふ」の謙譲語。「言ふ」の動作対象である藤壺の宮に対する敬意表現である。桐壺更衣の場合には「御局は桐壺なり/01015」と表現されていた。ここでは局の名前の紹介のため、名乗り表現ではないとも考えられるが、生前に桐壺の名が出るのはこの箇であり、この部分を名乗りでないとするなら、生前名乗りのないままであったことになる。いずれにしろ、扱いのうえで藤壺の宮とは好対照をなす。

Posted by 管理者