左馬寮の御馬 蔵人 161 ★☆☆

2021-02-2401 桐壺01章~10章,04 公的生活/出世・祝賀・行事

原文 読み 意味 桐壺第10章21@源氏物語

左馬寮の御馬 蔵人所の鷹 据ゑて賜はりたまふ

ひだり-の-つかさ/の/おほむ-むま くらうど-どころ/の/たか すゑ/て/たまはり/たまふ

左馬寮の馬と、蔵人所の鷹は止り木に止まらせて下賜される。

文構造&係り受け 01-161

主述関係に見る文構造(据ゑて賜はりたまふ:一次

〈[左大臣]〉左馬寮の御馬 蔵人所の鷹 据ゑて賜はりたまふ

色分:〈主語〉助詞・述語 [ ]:補充 //挿入 |:休止 @@@@@@@@:分岐

機能語に見る係り受け

左馬寮の御馬 蔵人所の鷹 据ゑて賜はりたまふ

助詞・助動詞の識別:

左馬寮御馬 蔵人所鷹 据ゑ賜はりたまふ

助詞:格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞

敬語の区別: 賜はる たまふ

左馬寮の馬 蔵人所の鷹 据ゑて賜はりたまふ

尊敬語 謙譲語 丁寧語

古語探訪;失われた意味を求めて

蔵人所の鷹 01-161:見守る目と呪う目

馬と一緒に、蔵人所の鷹を止まり木に止まらせた状態で贈った。乗馬も狩も公家のたしなみ。六芸(礼・楽・射・書・御・数)のうちの御(ぎょ)と射(しゃ)にあたる。これは左大臣が賜った。「例のことなり」と断りがない。「限りある事に事を添へて/01-142」の「事を添へて」に当たるか。それ以外に事を添えたものはなさそうである。そうであれば、これが/01-159で説明した私的応援の証となる品である。鷹が贈られることが王朝人にとってどういった意味があったか、その内包は不明だが、外延としては、朱雀帝が夢でこの父帝に睨み付けられた時の目つき(目の隠喩)と関連すると思う。源氏物語の細部と大構造は曼荼羅図のように関連しあう。

左馬寮の御馬 01-161

左馬寮で飼育されている馬。

耳でとらえる;立ち現れる〈モノ〉

語りの対象:左大臣

左馬寮の御馬 蔵人所の鷹 据ゑて賜はりたまふ》A
左馬寮の馬と、蔵人所の鷹は止り木に止まらせて下賜される。

直列型:A:A

 A<B:AはBに係る Bの情報量はAとBの合算〈情報伝達の不可逆性〉  ※係り受けは主述関係を含む


〈直列型〉<:直進 :倒置
〈分岐型〉( ):迂回 +:並列
〈中断型〉φ:独立文 [ ]:挿入 :中止法


〈反復型〉~AX:Aの置換X A[,B]:Aの同格B 〈分配型〉A<B|*A<C ※直列型以外は複数登録、直列型は単独使用