2021-04-07

時間のある方は「はじめに」を御覧下さい

原文 読み 意味

いづれの御時にか 女御更衣あまたさぶらひたまひけるなかに いとやむごとなき際にはあらぬが すぐれて時めきたまふ ありけり

01001/難易度:MAX

いづれ/の/おほむ-とき/に/か にようご/かうい/あまた/さぶらひ/たまひ/ける/なか/に いと/やむごとなき/きは/に/は/あら/ぬ/が すぐれて/ときめき/たまふ あり/けり

いづれの御代とも申しかねますが、女御更衣があまた宮仕えなさっているなかに、取り立てて高貴ではないお方が、今を時めき帝の寵愛をひと際お集めになっておられました。

2021-03-29

01kiritsubo
原文 読み 意味

あまたの御方がたを過ぎさせたまひてひまなき御前渡りに 人の御心を尽くしたまふも げにことわりと見えたり

2021-03-29

01kiritsubo
原文 読み 意味

いとにほひやかにうつくしげなる人の いたう面痩せて いとあはれとものを思ひしみながら 言に出でても聞こえやら ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

 限りとて別るる道の悲しきにいかまほしきは命なりけり
いとかく思ひたまへましかばと

01 ...

2021-03-29

01kiritsubo
原文 読み 意味

御使の行き交ふほどもなきに なほいぶせさを限りなくのたまはせつるを 夜半うち過ぐるほどになむ絶えはてたまひぬ ...