2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

朝夕の宮仕へにつけても 人の心をのみ動かし恨みを負ふ積もりにやありけむ いと篤しくなりゆきもの心細げに里がち ...

2021-03-29

01kiritsubo
原文 読み 意味

父の大納言は亡くなりて 母北の方なむいにしへの人のよしあるにて 親うち具しさしあたりて世のおぼえはなやかなる ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

いつしかと心もとながらせたまひて 急ぎ参らせて御覧ずるに めづらかなる稚児の御容貌なり

0100 ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

参う上りたまふにも あまりうちしきる折々は 打橋渡殿のここかしこの道に あやしきわざをしつつ 御送り迎への人 ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

またある時には え避らぬ馬道の戸を鎖しこめ こなたかなた心を合はせて はしたなめわづらはせたまふ時も多かり