2021-01-1601 桐壺01章~10章,分配型,,なり(断),,べし

01kiritsubo

2021-01-1601 桐壺01章~10章,分配型,,なり(断),,べし

朝夕の宮仕えにつけても、女房たちの心を掻き乱し、恨みをこうむることが度重なったせいだろうか、具合はひどくなるばかりで、後見のない心細さに打ちひしがれながら里へ帰りがちになる姿に、帝はますます癒しようもなく愛しさをつのらせ、周囲がもらす ...

2021-01-1601 桐壺01章~10章,,なり(断)

01kiritsubo

2021-01-1601 桐壺01章~10章,,なり(断)

父の大納言はお亡くなりの中、母は家柄の古い教養豊かなお方で、二親そろった当節評判で勢い盛な女御方にもさほど見劣りすることなく、宮中の諸行事をもまかなっておいででしたが、娘には取り立てて力のある後ろ盾はなかったので、人生の大事が訪れた時 ...

2021-01-1601 桐壺01章~10章,なり(断)

01kiritsubo

2021-01-1601 桐壺01章~10章,なり(断)

今か今かと帝は心もとないご様子で、里より急ぎ参らせご覧になったところ、御子は見たこともないめずらしい人相のお顔立ちだったのです。

2021-01-0401 桐壺01章~10章

01kiritsubo

2021-01-0401 桐壺01章~10章

もったいないご加護をお頼み申し上げながら、おとしめあらさがしをされる方が多く、自身は病身で先が頼めない身そらであり、帝のご寵愛を全うし得ずかえって逃れ得ぬ死を感じ取っておいででした。

2021-01-0401 桐壺01章~10章,03 衣・食・住・車・内裏・後宮

01kiritsubo

2021-01-0401 桐壺01章~10章,03 衣・食・住・車・内裏・後宮

更衣から帝のもとへ参上なさる場合にも、あまりたび重なる折りには、廊下の掛け橋や渡り廊下のそこここに、汚らわしい仕掛けをしては、送り迎えに立つ女官の裾は、耐えがたく今宵の段取りが台無しになることもしばしばで、