若宮のいとおぼつか 059

2021-02-2401 桐壺01章~10章,,なり(断定),,らむ,る・らる

原文 読み 意味 桐壺第05章10@源氏物語

若宮のいとおぼつかなく 露けき中に過ぐしたまふも 心苦しう思さるるを とく参りたまへなど はかばかしうものたまはせやらず むせかへらせたまひつつ かつは人も心弱く見たてまつるらむと 思しつつまぬにしもあらぬ御気色の心苦しさに 承り果てぬやうにてなむ まかではべりぬるとて 御文奉る

わかみや/の/いと/おぼつかなく つゆけき/なか/に/すぐし/たまふ/も こころぐるしう/おぼさ/るる/を /く/まゐり/たまえ/など はかばかしう/も/のたまは/せ/やら/ず むせかへら/せ/たまひ/つつ かつは/ひと/も/こころ-よわく/み/たてまつる/らむ/と おぼし-つつま/ぬ/に/しも/あら/ぬ/み-けしき/の/こころぐるしさ/に うけたまはり/はて/ぬ/やう/にて/なむ まかで/はべり/ぬる/とて おほむ-ふみ/たてまつる

若宮が何とも気がかりなまま、露深い里で泣きぬれてお過ごしになるのも、おいたわしくお思いですのに、早くご参内なさいなどと、はっきり口になさりもせず、むせ返ってしまわれながら、方や心弱い帝だと人も見ることだろうねと、はた目が気にならぬでもないご様子がお気の毒で、承り果てぬまままかり越した次第ですと、帝のお手紙をお渡しする。

文構造&係り受け 01-059

主述関係に見る文構造(とて…奉る:五次

〈[帝]〉〈若宮〉のいとおぼつかなく 露けき中に過ぐしたまふ 心苦しう思さるる @とく参りたまへなど@ はかばかしうものたまはせやらず むせかへらせたまひつつ かつは人も心弱く見たてまつるらむ 思しつつまぬにしもあらぬ御気色の心苦しさ 承り果てぬやうにてなむまかではべりぬるとて 〈[私=命婦]〉御文奉る

色分:〈主語〉助詞・述語 [ ]:補充 //挿入 |:休止 @@@@@@@@:分岐

機能語に見る係り受け

若宮のいとおぼつかなく 露けき中に過ぐしたまふも 心苦しう思さるるを とく参りたまへなど はかばかしうものたまはせやらず むせかへらせたまひつつ かつは人も心弱く見たてまつるらむと 思しつつまぬにしもあらぬ御気色の心苦しさに 承り果てぬやうにてなむ まかではべりぬるとて 御文奉る

この文は仰せ言を賜れた帝の状況説明。視点が命婦に移っている。

「若宮のいとおぼつかなく露けき中に過ぐしたまふも心苦しう」:帝のお気持ちを間接話法で伝える


「心苦しう思さるるを」→「のたまはせやらずむせかへらせたまひ」


「とく参りたまへなど」:帝の言葉を直説法で伝えるというより、帝に代わって命婦が母君に参内を勧めた言葉


「むすかへらせたまひつつ」→「思しつつまぬにしもあらぬ」


「かつは」は直前「つつ」の強調。


「人も心弱く見たてまつるらむ」:帝が周囲にもらした言葉

助詞・助動詞の識別:るる ず せ らむ ぬ に ぬ ぬ に ぬる
  • るる:自発・る・連体形
  • :打消・ず・連用形→むせかへらせたまひつつ・思しつつまぬにしもあらず
  • :尊敬・す・連用形/「せたまふ」:最高敬語
  • らむ:現在推量・らむ・終止形
  • :打消・ず・連体形
  • :断定・なり・連用形
  • :打消・ず・連体形
  • :完了・ぬ・終止形
  • :断定・なり・連用形
  • ぬる:完了・ぬ・連体形

若宮いとおぼつかなく 露けき中過ぐしたまふ 心苦しう思さるる とく参りたまへなど はかばかしうのたまはせやら むせかへらたまひつつ かつ心弱く見たてまつるらむ 思しつつましもあら御気色心苦しさ 承り果てやうなむ まかではべりぬる 御文奉る

助詞:格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞

敬語の区別:たまふ 思す 参る たまふ のたまはす せたまふ たてまつる 思しつつむ 御 承る まかづ はべり  奉る

若宮のいとおぼつかなく 露けき中に過ぐしたまふも 心苦しう思さるる を とく参りたまへなど はかばかしうものたまはせやらず むせかへらせたまひつつ かつは人も心弱く見たてまつるらむ と 思しつつまぬ に しもあらぬ気色の心苦しさに 承り果てぬやうに て なむ まかではべりぬる と て 奉る

尊敬語 謙譲語 丁寧語

古語探訪;失われた意味を求めて

心弱く見たてまつるらむ 01-059:天子に求められるイメージ

一国を統べる帝王として気弱な面を示すことはマイナスに働く。

はかばかしう 01-059

物事がはきはき進む形容。

耳でとらえる;立ち現れる〈モノ〉

語りの対象:光の君母君(帝の反対勢力)命婦

若宮のいとおぼつかなく 露けき中に過ぐしたまふも 心苦しう思さるるを》A
若宮が何とも気がかりなまま、露深い里で泣きぬれてお過ごしになるのも、おいたわしくお思いですのに、

とく参りたまへなど はかばかしうものたまはせやらず むせかへらせたまひつつ》B
早くご参内なさいなどと、はっきり口になさりもせず、むせ返ってしまわれながら、

かつは人も心弱く見たてまつるらむと思しつつまぬにしもあらぬ》C
方や心弱い帝だと人も見ることだろうねと、はた目が気にならぬでもないご様子がお気の毒で、

御気色の心苦しさに・承り果てぬやうにてなむまかではべりぬるとて・御文奉る》D・E・F
承り果てぬまままかり越した次第ですと、帝のお手紙をお渡しする。

分岐型:A<B+C<D<E<F:A<B+C<D<E<F

 A<B:AはBに係る Bの情報量はAとBの合算〈情報伝達の不可逆性〉 ※係り受けは主述関係を含む


〈直列型〉<:直進 :倒置
〈分岐型〉( ):迂回 +:並列
〈中断型〉φ:独立文 [ ]:挿入 :中止法


〈反復型〉~AX:Aの置換X A[,B]:Aの同格B 〈分配型〉A<B|*A<C ※直列型以外は複数登録、直列型は単独使用