作法世にめづらしき 167

2021-02-2401 桐壺01章~10章

原文 読み 意味 桐壺第10章27@源氏物語

作法世にめづらしきまで もてかしづききこえたまへり

さほふ/よ/に/めづらしき/まで もて-かしづき/きこエ/たまへ/り

エ:や行の「え」

婿取りの儀礼は世に例がないほど立派にもてなして差し上げになった。

文構造&係り受け 01-167

主述関係に見る文構造(までもてかしづききこえたまへり:一次

〈[左大臣]〉作法世にめづらしきまで もてかしづききこえたまへり

色分:〈主語〉助詞・述語 [ ]:補充 //挿入 |:休止 @@@@@@@@:分岐

機能語に見る係り受け

作法世にめづらしきまで もてかしづききこえたまへり

助詞・助動詞の識別:

作法世にめづらしきまで もてかしづききこえたまへ

助詞:格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞

敬語の区別:きこゆ たまふ

作法世にめづらしきまで もてかしづききこえたまへ

尊敬語 謙譲語 丁寧語

古語探訪;失われた意味を求めて
作法 01-167

源氏を婿として迎える儀式。

めづらしき 01-167

例がないほど立派に。

耳でとらえる;立ち現れる〈モノ〉

語りの対象:左大臣

作法世にめづらしきまで もてかしづききこえたまへり》A
婿取りの儀礼は世に例がないほど立派にもてなして差し上げになった。

直列型:A:A

 A<B:AはBに係る Bの情報量はAとBの合算〈情報伝達の不可逆性〉  ※係り受けは主述関係を含む


〈直列型〉<:直進 :倒置
〈分岐型〉( ):迂回 +:並列
〈中断型〉φ:独立文 [ ]:挿入 :中止法


〈反復型〉~AX:Aの置換X A[,B]:Aの同格B 〈分配型〉A<B|*A<C ※直列型以外は複数登録、直列型は単独使用

2021-02-2401 桐壺01章~10章

Posted by 管理者