人目を思して 夜の 101

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代

人目を思して夜の御殿に入らせたまひてもまどろませたまふことかたし 原文 読み 意味 桐壺第7章21/源氏物語

人目を思して 夜の御殿に入らせたまひても まどろませたまふことかたし

ひとめ/を/おぼし/て よるのおとど/に/いら/せ/たまひ/て/も まどろま/せ/たまふ/こと/かたし

人目を気にされて、ご寝所にお入りになっても、お休みになることはむずかしい。

大構造(かたし/三次)& 係り受け

〈[帝]〉人目を思して 夜の御殿に入らせたまひても まどろませたまふ〈こと〉かたし

主〉述:一朱二緑三青四橙五紫六水 [ ]: 補 /: 挿入 :分岐

桐壺 注釈 第7章21

夜の御殿 01-101

清涼殿の北側にある帝の寝所。

助詞の識別/助動詞の識別:

人目思し 夜御殿入らたまひ まどろまたまふことかたし

助詞:格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞

敬語の識別:

人目を思して 夜の殿に入らたまひて も まどろまたまふことかたし

尊敬語 謙譲語 丁寧語

附録:耳からの情報処理(語りの対象 & 構造型)

語りの対象:世間の目

人目を思して・夜の御殿に入らせたまひても》A・B
人目を気にされて、ご寝所にお入りになっても、


まどろませたまふことかたし》 C
お休みになることはむずかしい。

直列型:A<B<C:A<B<C

 A<B:AはBに係る Bの情報量はAとBの合算〈情報伝達の不可逆性〉
 ※係り受けは主述関係を含む


〈直列型〉<:直進 :倒置 〈分岐型〉( ):迂回 +:並列
〈中断型〉φ:独立文 [ ]:挿入 :中止法


〈反復型〉~AX:Aの置換X A[,B]:Aの同格B 〈分配型〉A<B|*A<C ※直列型以外は複数登録、直列型は単独使用