御胸つとふたがりて 桐壺03章10

2021-03-27

原文 読み 意味

御胸つとふたがりて つゆまどろまれず 明かしかねさせたまふ

01033/難易度:☆☆☆

おほむ-むね/つと/ふたがり/て つゆ/まどろま/れ/ず あかし-かね/させ/たまふ

胸がどうかするとふさがっていっかな眠られず夜を明かしかねておられる。

文構造&係り受け

主語述語と大構造

  • てつゆまどろまれず明かしかねさせたまふ 一次元構造

〈[帝]〉御胸つとふたがり つゆまどろまれず 明かしかねさせたまふ

助詞と係り受け

御胸つとふたがりて つゆまどろまれず 明かしかねさせたまふ

  • 御胸つとふたがりつゆまどろまれず明かしかぬ/並列+させたまふ

「御胸つとふたがりて」:「て」は背景描写に多用。

御胸つとふたがり つゆまどろま 明かしかねさせたまふ

助詞:格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞

助動詞の識別:れ ず させ

  • :可能・る・未然形/打消を伴う「る」は可能
  • :打消・ず・連用形→明かしかねさせたまふ
  • させ:尊敬・さす・連用形/「させたまふ」:最高敬語
敬語の区別:御 させたまふ

胸つとふたがりて つゆまどろまれず 明かしかねさせたまふ

尊敬語 謙譲語 丁寧語

古語探訪

明かしかね 01033

寝れば心理的な時間は一瞬にして過ぎてしまうが、眠ることができず、時間が長く感じられるのである。そのため、いつもならいつの間にか明けている夜が、なかなか明かない。

つと 01033

ひしと。固定して動かない状態。

つゆ…ず 01033

少しもできない。

Posted by 管理者