御方々の人びと世の 桐壺10章37

2021-03-28

原文 読み 意味

御方々の人びと 世の中におしなべたらぬを選りととのへすぐりて さぶらはせたまふ

01177/難易度:☆☆☆

おほむ-かたがた/の/ひとびと よのなか/に/おしなべ/たら/ぬ/を/えり/ととのへ/すぐり/て さぶらは/せ/たまふ

婿つきの女房も娘つきの女房も、平凡でない方々を選りすぐって仕えさせになり、

文構造&係り受け

主語述語と大構造

  • を選りととのへすぐりてさぶらはせたまふ 一次元構造

〈[左大臣]〉 御方々の人びと 世の中におしなべたらぬ を選りととのへすぐりて さぶらはせたまふ

助詞と係り受け

御方々の人びと 世の中におしなべたらぬを選りととのへすぐりて さぶらはせたまふ

御方々人びと 世おしなべたら選りととのへすぐり さぶらはたまふ

助詞:格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞

助動詞の識別:たら ぬ せ

  • たら:存続・たり・未然形
  • :打消・ず・連体形
  • :使役・す・連用形
敬語の区別: さぶらふ たまふ

方々の人びと 世の中におしなべたら ぬ を選りととのへすぐりて さぶらはたまふ

尊敬語 謙譲語 丁寧語

古語探訪

御方々の人びと 01177

「御方々」は光源氏および葵の上を指す。従って語り手からの呼び方である。左大臣邸でその方々にお仕えするお付きの女房たちが「人びと」。

おしなべたらぬ 01177

非凡な。

Posted by 管理者