源氏物語 第二帖

2021-03-28

02hahakigi
原文 読み 意味

光る源氏 名のみことことしう 言ひ消たれたまふ咎多かなるに いとど かかる好きごとどもを 末の世にも聞き伝へ ...

2021-03-28

02hahakigi
原文 読み 意味

さるは いといたく世を憚り まめだちたまひけるほど なよびかにをかしきことはなくて 交野少将には笑はれたまひ ...

2021-03-29

02hahakigi
原文 読み 意味

まだ中将などにものしたまひし時は 内裏にのみさぶらひようしたまひて 大殿には絶え絶えまかでたまふ

2021-03-28

02hahakigi
原文 読み 意味

忍ぶの乱れやと 疑ひきこゆることもありしかど さしもあだめき目馴れたるうちつけの好き好きしさなどは 好ましか ...

2021-03-28

02hahakigi
原文 読み 意味

長雨晴れ間なきころ 内裏の御物忌さし続きて いとど長居さぶらひたまふを 大殿にはおぼつかなく恨めしく思したれ ...