馬頭物定めの博士に 帚木06章01

2021-03-28

原文 読み 意味

馬頭物定めの博士になりて ひひらきゐたり

02083/難易度:☆☆☆

むまのかみ/もの-さだめ/の/はかせ/に/なり/て ひひらき/ゐ/たり

左馬頭は物定めの博士となってまくし立てている。

文構造&係り受け

主語述語と大構造

  • になりてひひらきゐたり 一次元構造

〈馬頭〉物定めの博士になりて ひひらきゐたり

助詞と係り受け

馬頭物定めの博士になりて ひひらきゐたり

古語探訪

物定め 02083

物のよしあしを判定すること、具体的にはこれからなされる、指物・絵・書の優劣の判定ならびに人の情の判定。

ひひらき 02083

馬がいななくことで、左馬頭が得意げに話すことを、その名前にかけた語り手の揶揄。

Posted by 管理者