下のきざみといふ際 帚木02章20

2021-03-28

原文 読み 意味

下のきざみといふ際になれば ことに耳たたずかしとて いと隈なげなる気色なるもゆかしくて

02028/難易度:☆☆☆

しも/の/きざみ/と/いふ/きは/に/なれ/ば ことに/みみ/たた/ず/かし/とて いと/くまなげ/なる/けしき/なる/も/ゆかしく/て

(頭中将)下の位という身分になると、特に耳を立てる気になれないからと、えらく分け知り顔をしているのもおもしろくて、

文構造&係り受け

主語述語と大構造

  • もゆかしくて 四次元構造

〈[女]〉下のきざみといふ際になれ ことに〈[男の]耳〉たたずかしとて 〈[頭中将]〉いと隈なげなる気色なるも〈[光源氏]〉ゆかしくて

助詞と係り受け

下のきざみといふ際になれば ことに耳たたずかしとて いと隈なげなる気色なるもゆかしくて

「耳立たず」は自動詞。男の耳のアンテナが動かないことを言う。主語は殿方。

古語探訪

隈なげなる 02028:隈なきもの言ひと対比的

暗いところのない、すべてを知りつくした、と解釈されているが、後の左馬頭の論に対して「隈なきもの言ひ/02061」とあり、これと対比して使用されている。「げ」とあるので、一見そうだが、本当はそうでない、見かけ倒し、とのふくみを見逃してはならない。

きざみ 02028

上の品、中の品、下の品、という品の区分よりも細分化した区分。ただし、ここは「下の品」と同意で用いられていると見てよい。

気色 02028

様子。

ゆかしくて 02028

知りたいの意味。

Posted by 管理者