容貌きたなげなく若 055

2020-09-21☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

帚木 原文 かな書き 現代語訳 第4章09

容貌きたなげなく若やかなるほどの おのがじしは塵もつかじと身をもてなし 文を書けどおほどかに言選りをし 墨つきほのかに心もとなく思はせつつ またさやかにも見てしがなとすべなく待たせ わづかなる声聞くばかり言ひ寄れど 息の下にひき入れ言少ななるが いとよくもて隠すなりけり

かたち/きたなげ/なく/わかやか/なる/ほど/の おのがじし/は/ちり/も/つか/じ/と/み/を/もてなし ふみ/を/かけ/ど/おほどか/に/ことえり/を/し すみつき/ほのか/に/こころもとなく/おもはせ/つつ また/さやか/に/も/み/て/し/がな/と/すべなく/また/せ わづか/なる/こゑ/きく/ばかり/いひよれ/ど いき/の/した/に/ひきいれ/ことずくな/なる/が いと/よく/もてかくす/なり/けり

(頭中将)器量がわるくなく若々しい年頃で、自分自身では塵ほどの難点もなきよう身を処し、手紙を書く場合にもおっとりした言葉を選び、墨色は心持ち薄く相手に気を持たせたり、また直接会いたいものだと詮ない思いで待たせ、か細い声を何とか聞こうと側に言い寄っても、息の下に声をひっこめ言葉数少ないのが、まっこと見事にアラを隠すものです。

ここがPoint

頭中将の身勝手な女性論

この発言は、頭中将「ただうはべばかりの情けに手走り書き をりふしの答へ心得てうちしなどばかりは 随分によろしきも多かりと見たまふれど そもまことにその方を取り出でむ選びにかならず漏るまじきはいと難しや/02-018」と同じであり、頭中将の発言と考えられる。ここでは、身の振る舞い方・手紙の書き方・声の出し方の三点で、女が本性を隠すとする。

帚木 注釈 第4章09

おほどか 02-055

おっとりと。

心もとなく 02-055

気がかり。

またさやかにも見てしがな 02-055

手紙でははっきりしなくて、じれったいので、直に会いたいという気持ちになる。

語りの対象&構造型

対象:(中流以上の)女性一般発言者(頭中将)

容貌きたなげなく若やかなるほどの》A
器量がわるくなく若々しい年頃で、


おのがじしは塵もつかじと身をもてなし・文を書けどおほどかに言選りをし・墨つきほのかに心もとなく思はせつつ》B・C・D
自分自身では塵ほどの難点もなきよう身を処し、手紙を書く場合にもおっとりした言葉を選び、墨色は心持ち薄く相手に気を持たせたり、


また さやかにも見てしがな とすべなく待たせ》E
また直接会いたいものだと詮ない思いで待たせ、


《わづかなる声聞くばかり 言ひ寄れど・ 息の下にひき入れ言少ななるが》F・G
か細い声を何とか聞こうと側に言い寄っても、息の下に声をひっこめ言葉数少ないのが、


いとよくもて隠すなりけり》H
まっこと見事にアラを隠すものです。

分岐型:A<(B+C+D<E<(F<))G<H:A<G<H、B+C+D<E<G、F<G

 A<B:AはBに係る Bの情報量はAとBの合算〈情報伝達の不可逆性〉
 ※係り受けは主述関係を含む


〈直列型〉<:直進 :倒置 〈分岐型〉( ):迂回 +:並列
〈中断型〉φ:独立文 [ ]:挿入 :中止法


〈反復型〉~AX:Aの置換X A[,B]:Aの同格B 〈分配型〉A<B|*A<C ※直列型以外は複数登録、直列型は単独使用

情報の階層&係り受け

構文:が…もて隠すなりけり/三次

容貌きたなげなく若やかなるほど おのがじしは塵もつかじと身をもてなし 文を書けどおほどかに言選りをし 墨つきほのかに心もとなく思はせつつ またさやかにも見てしがなすべなく待たせ わづかなる声聞くばかり 言ひ寄れど 息の下にひき入れ言少ななる  いとよくもて隠すなりけり

主〉述:一朱 二緑 三青 四橙 五紫 六水 [ ]: 補 /: 挿入 :分岐

係り受け&主語述語

「若やかなるほどの…言少ななる」:AのB連体形(「の」は主格)


「おのがじしは塵もつかじと身をもてなし」「文を書けどおほどかに言選りをし」「墨つきほのかに心もとなく思はせ」(並列)→「つつ」→(「また」)→「が」


「さやかにも見てしがなとすべなく待たせ」「わづかなる声聞くばかり言ひ寄れど息の下にひき入れ言少ななる」(並列)→「が」


「わづかなる声」→「ひき入れ(言少ななる)」