いかではたかかりけ 帚木03章11

2021-03-28

原文 読み 意味

いかではたかかりけむと 思ふより違へることなむ あやしく心とまるわざなる

02042/難易度:☆☆☆

いかで/はた/かかり/けむ/と おもふ/より/たがへ/る/こと/なむ あやしく/こころ/とまる/わざ/なる

(左馬頭)どうしてまたこんなことになったのか、と思ってもみないことだけに、妙に心惹かれる境遇である。

文構造&係り受け

主語述語と大構造

  • なむ…わざなる 五次元構造

〈[発言者]〉〈[女]〉いかで はたかかりけむ 思ふより違へることなむ あやしく心とまるわざなる

助詞と係り受け

いかではたかかりけむと 思ふより違へることなむ あやしく心とまるわざなる

古語探訪

かかりけむ 02042

「かくありけむ」でこうなってしまったのかと現状の原因を過去にさぐる。

心とまる 02042

興味がわく。愛着がわく。

わざ 02042

そうなる傾向がすこぶる強い。運命。

Posted by 管理者