思ひ立つほどはいと 帚木05章08

2021-03-28

原文 読み 意味

思ひ立つほどはいと心澄めるやうにて 世に返り見すべくも思へらず

02069/難易度:☆☆☆

おもひたつ/ほど/は/いと/こころ/すめ/る/やう/にて よ/に/かへりみ/す/べく/も/おもへ/ら/ず

(左馬頭)思い立った当座はとても心が洗われた感じがして、すこしも後悔すべくも思われない。

文構造&係り受け

主語述語と大構造

  • も思へらず 三次元構造

〈[女]〉思ひ立つほど いと心澄めるやうにて 世に返り見すべくも思へらず

助詞と係り受け

思ひ立つほどはいと心澄めるやうにて 世に返り見すべくも思へらず

「はべりし/02066」「ことなり/02066」「ことなり/02067」「なりぬかし/02068」「思へらず/02069」「など言ふ/02070」「うちひそみぬかし/02071」「見たまひつべし/02072」「漂ひぬべくぞおぼゆる/02073」と短文で現在形が用いられている。事実を積み重ねることで説得力をもたせるゆく語り口である。

「世に返り見すべくも思へらず」:文の終止

古語探訪

思ひ立つ

出家を思い立つ。

世に返り見す

世間に立ちかえる。還俗する。

Posted by 管理者