そのはじめのこと好 帚木06章09

2021-03-28

原文 読み 意味

そのはじめのこと 好き好きしくとも申しはべらむとて近くゐ寄れば 君も目覚ましたまふ

02091/難易度:☆☆☆

その/はじめ/の/こと すきずきしく/と/も/まうし/はべら/む/とて/ちかく/ゐ/よれ/ば きみ/も/め/さまし/たまふ

(左馬頭)こうした考えに至った経緯を、好き者めきましょうが申し上げましょう、と言ってひざをすすめるので、光の君も目をお覚ましになる。

文構造&係り受け

主語述語と大構造

  • ば…も目覚ましたまふ 三次元構造

そのはじめのこと 好き好きしくとも申しはべらむとて〈[左馬頭]〉近くゐ寄れ 〈君〉も目覚ましたまふ

助詞と係り受け

そのはじめのこと 好き好きしくとも申しはべらむとて近くゐ寄れば 君も目覚ましたまふ

古語探訪

そのはじめのこと 02091

「思うたまへ得」ることになったきっかけ。心から思いやることなく、とってつけた思いやりを見せる女は、生涯の伴侶として適さない。

Posted by 管理者