2021-01-2301 桐壺01章~10章,,す・さす,

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,す・さす,

宿命で決まった道であっても後れ先立ちはしないとお誓いになったのに。つらくてもまさかうち捨て行っておしまいではないねとおっしゃるのを、女もたまらなくおいたわしいと存じ上げて、

2021-01-2301 桐壺01章~10章,なり(断定),まし,まほし

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,なり(断定),まし,まほし

生不生は運命が決するもの、別れる道に来た今こうもわたしは悲しいのに、死出の旅を目指すのはこのはかない命なのです。お約束通りいつまでも一緒にいたいと心からそう願うことができましたならと。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,,

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,,

息も絶え絶えに、申し上げておきたいことがおありの様子ながら、どうにも苦しげで辛そうなので、このままどうなれ結果を見届けようと、帝は決心なさるが、今日始めねばなりませぬご祈祷など、例の立派な験者たちが承っております、今宵にもと側女がせき ...

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,る・らる

胸がどうかするとふさがっていっかな眠られず夜を明かしかねておられる。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代

付き添った使者が戻る時間でもないのに気詰まりをとめどなく口になさっておられたところ、夜中少しまわった頃、命が絶えてしまわれたと女房たちが泣き騒ぐので、使者もどうにもならず宮中に戻って来た。