2021-01-10A:解釈を決定づける基幹語

ロゴ

2021-01-10A:解釈を決定づける基幹語

「蓬生の露分け入り」は蓬生のような鄙びた場所に、露に濡れながら分け入るという意味を歌語のように圧縮して述べた表現。このあたりも母北の方の「いにしへの人のよしあるにて/01-006」的な要素なのだろう。

今までとまりはべるが ...

2021-01-13C:機能語・文法説明中心語

ロゴ

2021-01-13C:機能語・文法説明中心語

他動詞で、分ける。「分かるべき/02-026」は自動詞。

その品々やいかに いづれを三つの品に置きてか分くべき 元の品高く生まれながら 身は沈み位みじかくて人げなき また直人の上達部などまでなり上り 我は顔にて家の内を飾り ...

2021-01-14A:解釈を決定づける基幹語

ロゴ

2021-01-14A:解釈を決定づける基幹語

女が人待ちをしていて、通ってくる男がいないのをからかうと解釈されている。しかし、この解釈では「こそ……已然形」にした意味がなくなる。庭の紅葉こそは踏み分けられていないが、○○は踏み分けられた跡がありますねとの意味。もちろん、あなたの妻 ...

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

ロゴ

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

女が今の状況を、泣き濡れる、はかないなど「露」のイメージに象徴化したのを受けて、露によって花の色が美しさを増すという「露」のもつプラスイメージから「色」に置き換え、自分をひきつける魅力は親子どちらとも区別がつかないけれど。