2021-01-10D:古典一般に見られる語彙,おも・おぼ・思

ロゴ

2021-01-10D:古典一般に見られる語彙,おも・おぼ・思

「若宮を恋しく思ほし出でつつ」と同義であろう。前の「一の宮」に合わせて名詞句にしたものと考えられる。

一の宮を見たてまつらせたまふにも 若宮の御恋しさのみ思ほし出でつつ 親しき女房御乳母などを遣はしつつ ありさまを聞こし召 ...

2021-01-10A:解釈を決定づける基幹語,おも・おぼ・思

ロゴ

2021-01-10A:解釈を決定づける基幹語,おも・おぼ・思

「さうざうし」はあるはずのものがなくなった喪失感からくる寂しさ、索漠とした感覚。「いとさうざうしく思ひ出できこゆれ」(形容詞の連用形+思ふ)は思い出す内容が「さうざうし」。帝のご権勢や内裏の華々しさなど、それらから離れていることがいか ...

2021-01-11D:古典一般に見られる語彙

ロゴ

2021-01-11D:古典一般に見られる語彙

大きく育って表面にでる。成長する意だが、頭角を現すこともふくむであろう。

かくてもおのづから 若宮など生ひ出でたまはば さるべきついでもありなむ 命長くとこそ思ひ念ぜめなど のたまはす

こうなった今でも自然と、 ...

2021-01-11A:解釈を決定づける基幹語,ひと・人

ロゴ

2021-01-11A:解釈を決定づける基幹語,ひと・人

長恨歌の詩句による。楊貴妃の魂のありかを訪ねて、道士が仙界まで赴いた。そこで楊貴妃と出会った証拠に金の釵を持ち帰る。

かの贈り物御覧ぜさす 亡き人の住処尋ね出でたりけむ しるしの釵ならましかば と思ほすもいとかひなし

2021-01-11D:古典一般に見られる語彙,おも・おぼ・思,き・け・げ・気

ロゴ

2021-01-11D:古典一般に見られる語彙,おも・おぼ・思,き・け・げ・気

親しみやすく愛らしい様子を思い出されるにつけ。「なつかしう」は心が近づきやすい。「らうたげ」は可憐な。

大液芙蓉未央柳も げに通ひたりし容貌を 唐めいたる装ひはうるはしうこそありけめ なつかしうらうたげなりしを思し出づるに ...