2020-09-14☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,04 公的生活/出世・祝賀・行事,たり(完了),めり,

2020-09-14

帝へもご内諾を賜れるように画策なさっておられ、ならばこの折りの後見もないようだから、添臥にでも、とお促しになったので、その心づもりで今日を迎えた。その心づもりで今日を迎えた。

2020-07-01★★★:源氏千年の謎に挑む01 桐壺,07 予言約束・予知神託・名付・夢,す・さす,,なり(断),,めり

2020-07-01

帝はかしこき深慮から、倭流の人相見にご命じになり、ご自身がつとに案じておられた事柄なので、今までこの宮を親王にもなされなかったが、相人はまっこと神意を見抜いたものよと心に落ち、無品親王に付けたところで外戚の支援がない状態にはしておけま ...

2020-09-10☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,04 公的生活/出世・祝賀・行事,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,めり

2020-09-10

翌朝せっかくお起きになっても、夜の明けるのも知らず寝過ごしたものだと往事を回想なされ、それにつけても、政務はやはり怠っておしまいのご様子。

2020-09-07☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,07 予言約束・予知神託・名付・夢,,,なり(断),,べし,めり,る・らる

2020-09-07

しっかりと後ろ盾する人もない宮中の人まじらいは、かえってあだにもなろうとは存じながら、ただかの遺言に違うまいその一心で、宮中へ出立させましたところ、身に余るまでのご寵愛が万時にもったいなくて、それがために人並にも扱われぬ恥を忍んで宮仕 ...

2020-09-07☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,,めり

2020-09-07

若宮はどのようにしてお知りになってか、宮中に参ることばかりを願われご準備なさっておいでの様子ですので、そうなさるのが道理ながら悲しくお見受けいたしておりますことなど、心の中で考えていることなどを内々にご奏上ください。(娘に先立たれた) ...