2020-06-28★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,

2020-06-28

こうした所に思い通りの人を囲って住みたいものだと、源氏の君はそればかり悲痛に思いつづけになるのでした。

2020-06-28☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,05 空間/天候・風景・自然・環境

2020-06-28

もとの木立や築山の配置は趣きがあったが、池の幅を広くしなし立派な造営であると大変な評判が立った。

2020-06-27☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,なり(断)

2020-06-27

元服されてからは帝は昔日のように御簾の内にもお入れにならない。

2020-06-27★★☆:文の構造を捉え直す01 桐壺,分岐型,たり(完了),なり(断),

2020-06-27

源氏の君は帝がいつも側にお召し置きになるので、心のどかに里家でお住みになることもなく、心中ではただ藤壺のお姿を最上であるとお慕い申し上げて、そうした方とこそ契りを結びたいが、似る人さえもいらっしゃらないものだ、左大臣の娘は、とても大切 ...

2020-06-27★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,たり(完了),なり(断),まほし,

2020-06-27

母宮との間には蔵人の少将の位にとてもお若く見目よいお方がいらして、右大臣は家同士の御仲こそ良くはなかったが婿がねとしてお見過しにならず大切にお育てになった四の君を娶(めあ)わせておられ、源氏を慈しまれておられる左大臣にも劣らず婿がねの ...