2020-09-15☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,

2020-09-15

宮中では母親のもとの局(つぼね)である淑景舎(しげいしゃ)を部屋にあて、母の御息所つきの女房たちを散り散りにならぬよう残らずお仕えさせになる。

2020-09-15☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,,たり(完了)

2020-09-15

婿つきの女房も娘つきの女房も、平凡でない方々を選りすぐって仕えさせになり、

2020-09-15☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,なり(断)

2020-09-15

元服されてからは帝は昔日のように御簾の内にもお入れにならない。

2020-09-15★★☆:文の構造を捉え直す01 桐壺,分岐型,たり(完了),なり(断),

2020-09-15

源氏の君は帝がいつも側にお召し置きになるので、心のどかに里家でお住みになることもなく、心中ではただ藤壺のお姿を最上であるとお慕い申し上げて、そうした方とこそ契りを結びたいが、似る人さえもいらっしゃらないものだ、左大臣の娘は、とても大切 ...

2020-09-15★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,たり(完了),なり(断),まほし,

2020-09-15

母宮との間には蔵人の少将の位にとてもお若く見目よいお方がいらして、右大臣は家同士の御仲こそ良くはなかったが婿がねとしてお見過しにならず大切にお育てになった四の君を娶(めあ)わせておられ、源氏を慈しまれておられる左大臣にも劣らず婿がねの ...