2021-02-2301 桐壺01章~10章,07 予言約束・予知神託・名付・夢,なり(断定),べし,めり,

01kiritsubo

2021-02-2301 桐壺01章~10章,07 予言約束・予知神託・名付・夢,なり(断定),べし,めり,

この御子がお生れになってからは正妻のように格別の計らいをなされたために、皇太子へもことによると、この御子がお立ちになるやもと第一皇子の母の女御は危惧なさっておられました。

2021-02-2401 桐壺01章~10章,たり(完了)

01kiritsubo

2021-02-2401 桐壺01章~10章,たり(完了)

あまたのご夫人方の局を通り過ぎて間断がない、そうした帝の使者のお通いに、女性達が心をすり減らしになるのも、まことにもっともだと思えました。

2021-02-2401 桐壺01章~10章,,たり(完了)

01kiritsubo

2021-02-2401 桐壺01章~10章,,たり(完了)

ことに触れ数しらず苦しいことばかりがいや増すので、それはもうひどく思い悩んでいらっしゃるのを、帝はますます愛情深くお思いになって、後涼殿に元からお仕えである更衣を、よそにお移しになり、空いた部屋を桐壺の上局として下賜なさいました。

2021-02-2401 桐壺01章~10章,たり(完了),る・らる

01kiritsubo

2021-02-2401 桐壺01章~10章,たり(完了),る・らる

とても艶やかでかわいらしいお方が、ひどく面やせて、ああつらいと運命をしみじみ感じながらも、言葉に出して申し上げることもできず、生死もつかず消え入りそうにしていらっしゃるご様子をご覧になるにつけ、後先のわきまえもなく、どんな誓いをも涙な ...

2021-02-2401 桐壺01章~10章,分岐型,なり(断定),,

01kiritsubo

2021-02-2401 桐壺01章~10章,分岐型,なり(断定),,

何が起ころうとしているのかもお分かりでなく、側仕えの人々が泣きまどう姿や帝が涙の干る間もなく泣いておられご様子を理解もならず見守っておいでのご様子を、栄転などよい理由であっても母を亡くした父子が離れ離れになるのは悲しい重大事であるのに ...