2021-01-13D:古典一般に見られる語彙,こころ・心

ロゴ

2021-01-13D:古典一般に見られる語彙,こころ・心

真意を得ない、ひねくれた受け取り方をなさいますねとの意味。

すべて にぎははしきによるべきななり とて 笑ひたまふを 異人の言はむやうに 心得ず仰せらると 中将憎む

(光源氏)何でも富んでることを基準にすべきみ ...

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

ロゴ

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

うまく書けているのは。

手を書きたるにも 深きことはなくて ここかしこの点長に走り書き そこはかとなく気色ばめるは うち見るにかどかどしく気色だちたれど なほまことの筋をこまやかに書き得たるは うはべの筆消えて見ゆれど 今 ...

2021-01-14A:解釈を決定づける基幹語,おも・おぼ・思

ロゴ

2021-01-14A:解釈を決定づける基幹語,おも・おぼ・思

経験からそのように思うようになった。その経験は次に紹介される指を噛む女との恋愛。

はかなきことだにかくこそはべれ まして人の心の時にあたりて気色ばめらむ見る目の情けをば え頼むまじく思うたまへ得てはべる

(左馬 ...

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

ロゴ

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

思いついて。

そのかみ思ひはべりしやう かうあながちに従ひ怖ぢたる人なめり いかで懲るばかりのわざして おどして この方もすこしよろしくもなり さがなさもやめむと思ひて まことに憂しなども思ひて絶えぬべき気色ならば かばか ...

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙,こころ・心

ロゴ

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙,こころ・心

頭中将の囃し立てる言葉が、本気でなくおだてだと気づきながら。

残りを言はせむとて さてさてをかしかりける女かな とすかいたまふを 心は得ながら 鼻のわたりをこづきて語りなす

続きを言わせようとして「はてさておも ...