2020-09-15★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,

2020-09-15

こうした所に思い通りの人を囲って住みたいものだと、源氏の君はそればかり悲痛に思いつづけになるのでした。

2020-09-15★★☆:文の構造を捉え直す01 桐壺,分岐型,たり(完了),なり(断),

2020-09-15

源氏の君は帝がいつも側にお召し置きになるので、心のどかに里家でお住みになることもなく、心中ではただ藤壺のお姿を最上であるとお慕い申し上げて、そうした方とこそ契りを結びたいが、似る人さえもいらっしゃらないものだ、左大臣の娘は、とても大切 ...

2020-09-14★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,なり(断),

2020-09-14

引入れの大臣には皇女との間にただ一人慈しんでおられる愛娘がいて、東宮からもご所望がありながら応諾もならず悩んでおられたのは、この君に差し上げようとの思惑があおりだったのです。

2020-09-14☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,

2020-09-14

角髪(みずら)をお結いの顔立ち顔のつや、童子のお姿をお変えになることが帝には惜しまれたのです。

2020-09-11★★★:源氏千年の謎に挑む01 桐壺,分岐型

2020-09-11

帝が世に類なしとお見立て申し上げる若宮であり、名高くいらっしゃっる東宮の御容貌であっても輝くように匂い立つ美質は比べようがなく愛らしく見えるので、世の人は、光の君とお呼び申し上げた。藤壺の宮は輝く美しさがこの君に並ぶもので、帝のご寵愛 ...