2021-01-2701 桐壺01章~10章

01kiritsubo

2021-01-2701 桐壺01章~10章

追われた更衣の恨みはまして晴らしようがございません。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,,

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,,

その年の夏、御息所は死を予感するほどに病んで里に下がろうとなさるが、帝はいっこうに暇を与えようとなさらない。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,す・さす,

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,す・さす,

宿命で決まった道であっても後れ先立ちはしないとお誓いになったのに。つらくてもまさかうち捨て行っておしまいではないねとおっしゃるのを、女もたまらなくおいたわしいと存じ上げて、

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,,

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,,

息も絶え絶えに、申し上げておきたいことがおありの様子ながら、どうにも苦しげで辛そうなので、このままどうなれ結果を見届けようと、帝は決心なさるが、今日始めねばなりませぬご祈祷など、例の立派な験者たちが承っております、今宵にもと側女がせき ...

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,まほし,

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,まほし,

御子のことはこんな場合でもご覧になっていたいと強くお望みだが、母の喪中に帝のお側にお仕えする前例はないことなので、ご退出の運びとなる。