2020-09-14★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,04 公的生活/出世・祝賀・行事,07 予言約束・予知神託・名付・夢,08 物語の構造/歌

2020-09-14

結びつけたこちらの気持ちは深いものの元結の濃い紫色が褪せなければよいのですが、と奏上して、長橋から庭に下りてお礼の拝舞をなされる。

2020-09-14★★★:源氏千年の謎に挑む01 桐壺,04 公的生活/出世・祝賀・行事,07 予言約束・予知神託・名付・夢,08 物語の構造/歌

2020-09-14

お杯を賜るついでに、
いたいけな宮が初めて髪を結ぶ元結には末長い寿ぎの気持ちに娘との末長いえにしの願いをこめたであろうの
元結の礼に結婚の祝福のご趣向もあって大臣をはっとおさせになる。

2020-09-14☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,,る・らる

2020-09-14

全くこんないたいけな時に髪上げしては見劣りしてしまうと帝は案じて来られたが、今拝舞なさる宮の姿には目を見張るばかりの美しさが備わっていた。

2020-09-14☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,,る・らる

2020-09-14

帝は帝でまして仕舞いまでこらえ切れず、紛れるべくもないあの方の死を藤壺の宮のご入内で取り紛れた昔日をまざまざと蘇らせてお悲しみになった。

2020-07-03☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,,たり(完了),,なり(断),べし,

2020-07-03

帝も限りなく愛しい同士の二人なので、疎んではなりませんよ。あの子は不思議と母になぞらえたい気持ちでいるのです。無礼だとお思いにならずかわいがってあげなさい。顔立ちまなざしなど母はとてもよく似ていたので、あなたが母に見えるのも無理からぬ ...