2020-09-2202 帚木,分岐型

2020-09-22

(左馬頭)そうではありますが、人目では捉えられない蓬莱の山、荒海の恐ろしい魚の姿、唐の国の猛々しい獣の形、目に見えない鬼神の顔などおどろおどろしくこしらえた絵なんかは、心まかせにひときわ人の目を驚かすねらいであって、実物には似てないに ...

2020-09-22★★★:源氏千年の謎に挑む02 帚木,分岐型,分配型

2020-09-22

(左馬頭)「それにまた、ちょっと浮気心を持つ人を恨みかっとなって心が離れるのも、これまた愚かしいことで、たとえ今心がふらふらしていても見初めあった当初の愛情から相手にすまぬと思う気持ちが男にあれば、頼りがいのある夫だと女は思ってもよい ...

2020-09-22☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木,分岐型

2020-09-22

(左馬頭)切っても切れぬ前世の縁が深く尼になすすんでに連れ戻せた場合でも、そのまま連れ添い、あんなこともこんな場合も許しあった夫婦仲こそ契り深く情愛こまやかなものですが、自分も妻もどうして心許すことができましょう。

2020-09-22☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

2020-09-22

(左馬頭)子供時分、侍女などが物語りを読むのを聞いて、たいそう心打たれ悲しくなんと情の深いことかと涙まで落としたものですが、今に思えばいかにも浅はかでわざとらしい所業です。

2020-09-22★★☆:文の構造を捉え直す02 帚木,分岐型

2020-09-22

(左馬頭)色気たっぷりと妙に恥じらって、恨みを言うべき事態にもひとごとみたいに我慢して外目には素知らぬふうに妻たる役割を演じるが、心ひとつに思いあまる時には、言いようもなく心に沁みる文句や情の濃い歌を詠みおき女のことを偲ばずにおかない ...