2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

朝夕の宮仕へにつけても 人の心をのみ動かし恨みを負ふ積もりにやありけむ いと篤しくなりゆきもの心細げに里がち ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

上達部上人などもあいなく目を側めつつ いとまばゆき人の御おぼえなり 唐土にもかかる事の起こりにこそ世も乱れ悪 ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

一の皇子は 右大臣の女御の御腹にて寄せ重く 疑ひなき儲の君と世にもてかしづききこゆれど この御にほひには並び ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

初めよりおしなべての上宮仕へしたまふべき際にはあらざりき

01010/難易度:☆☆☆

2021-03-29

01kiritsubo
原文 読み 意味

おぼえいとやむごとなく上衆めかしけれど わりなくまつはさせたまふあまりに さるべき御遊びの折々何事にもゆゑあ ...