2021-01-2601 桐壺01章~10章,分配型,,なり(断定),,べし

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,分配型,,なり(断定),,べし

朝夕の宮仕えにつけても、女房たちの心を掻き乱し、恨みをこうむることが度重なったせいだろうか、具合はひどくなるばかりで、後見のない心細さに打ちひしがれながら里へ帰りがちになる姿に、帝はますます癒しようもなく愛しさをつのらせ、周囲がもらす ...

2021-01-2601 桐壺01章~10章,分配型,なり(断定),べし

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,分配型,なり(断定),べし

上達部や殿上人なども対処に困り目をそむける一方で、まったく見も当てられないご寵愛ぶりですな。唐土でもこうしたことが原因となって、世も乱れ災厄を招くものですと、ようやく広く世間でも、道を外れた扱いに窮する悩みの種となり、果ては楊貴妃の名 ...

2021-01-2601 桐壺01章~10章,分配型,なり(断定),べし

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,分配型,なり(断定),べし

第一皇子は右大臣家の娘である女御がお産みの御子で世の信頼が厚く、紛がうことなき次期皇太子だと、世間は大切に慈しみ申し上げているけれど、若宮が放つ魅力には及ぶべくもないことなので、第一皇子は公(おおやけ)として相応に尊ばれたのに対して、 ...

2021-01-2601 桐壺01章~10章,,なり(断定),べし

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,,なり(断定),べし

もとより帝の側仕えのような雑事をしなければならない身分ではございませんでした。

2021-01-2601 桐壺01章~10章,04 公的生活/出世・祝賀・行事,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,反復型

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,04 公的生活/出世・祝賀・行事,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,反復型

帝からの引きはこれ以上にないほどで女御の風格をお備えでしたのに、帝がむやみと側にお留になるばかりに、立派な管絃の会の折りや格式あるどんな行事にも真っ先にこの方をお召し上げになる、時には共寝したまま起きそびれそのまま側仕えをおさせになる ...