2020-09-15☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,たり(完了)

2020-09-15

光の君という名は、高麗人が賛嘆申し上げておつけ申しあげたのだと言い伝えられている。

2020-09-15☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,05 空間/天候・風景・自然・環境

2020-09-15

もとの木立や築山の配置は趣きがあったが、池の幅を広くしなし立派な造営であると大変な評判が立った。

2020-09-15★★☆:文の構造を捉え直す01 桐壺,分岐型,たり(完了),なり(断),

2020-09-15

源氏の君は帝がいつも側にお召し置きになるので、心のどかに里家でお住みになることもなく、心中ではただ藤壺のお姿を最上であるとお慕い申し上げて、そうした方とこそ契りを結びたいが、似る人さえもいらっしゃらないものだ、左大臣の娘は、とても大切 ...

2020-09-15★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,,なり(断),,べし,,る・らる

2020-09-15

この大臣への帝のご信任はとても篤いうえに、姫の母宮は帝と同母の生まれでいらっしゃったので、両親いずれをとっても大変なご威光なのに、この君までこのようにお越しになって縁づかれたからには、東宮の御祖父でいずれ天下を掌握なさる右大臣のご権勢 ...

2020-09-15☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺,す・さす

2020-09-15

その日の源氏の君から帝へのお礼の品である折櫃物(おりびつもの)や籠物(こもの)などは右大弁が承って用意申し上げた。