2021-01-2301 桐壺01章~10章,,す・さす,

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,す・さす,

宿命で決まった道であっても後れ先立ちはしないとお誓いになったのに。つらくてもまさかうち捨て行っておしまいではないねとおっしゃるのを、女もたまらなくおいたわしいと存じ上げて、

2021-01-2301 桐壺01章~10章,07 予言約束・予知神託・名付・夢,,,なり(断定),,べし,めり,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,07 予言約束・予知神託・名付・夢,,,なり(断定),,べし,めり,る・らる

しっかりと後ろ盾する人もない宮中の人まじらいは、かえってあだにもなろうとは存じながら、ただかの遺言に違うまいその一心で、宮中へ出立させましたところ、身に余るまでのご寵愛が万時にもったいなくて、それがために人並にも扱われぬ恥を忍んで宮仕 ...

2021-01-2301 桐壺01章~10章,分岐型,分配型,,たり(完了),なり(断定),まじ,,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,分岐型,分配型,,たり(完了),なり(断定),まじ,,る・らる

おのが御心ながらあながちに人目を驚かせるばかりに思われたのも、長く続くはずもないことであったと、今はつらく思われるえにしで、つゆいささかも人の気持ちを損ねる気など思ってもみないことなのに、ただこの人ゆえにあまたの受けずともよい人の恨み ...

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,,す・さす,,,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,,す・さす,,,る・らる

帝は人からそんな風には見られまいと気持ちを静めようとなさるが、少しも我慢おできにならず、あの方と初めて契りを交わした日まで遡り、ありとあらゆる追想に耽られて、往事は束の間もいたたまれなかったが、それでも月日は過ぎ行くものかと、我が身な ...

2021-01-2301 桐壺01章~10章,03 衣・食・住・車・内裏・後宮

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,03 衣・食・住・車・内裏・後宮

今はもう誰もお憎みなさらぬよう。母君がいないだけでも可愛がってお上げなさいと、弘徽殿などへもお渡りになるお供とされる時には、そのまま御簾の中に入れて差し上げになるのです。