2021-01-2601 桐壺01章~10章

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章

同じ位やそれより下位の更衣たちは、まして気が休まらない。

2021-01-2601 桐壺01章~10章,なり(断定)

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,なり(断定)

今か今かと帝は心もとないご様子で、里より急ぎ参らせご覧になったところ、御子は見たこともないめずらしい人相のお顔立ちだったのです。

2021-01-2701 桐壺01章~10章,たり(完了)

01kiritsubo

2021-01-2701 桐壺01章~10章,たり(完了)

あまたのご夫人方の局を通り過ぎて間断がない、そうした帝の使者のお通いに、女性達が心をすり減らしになるのも、まことにもっともだと思えました。

2021-01-2701 桐壺01章~10章,,たり(完了)

01kiritsubo

2021-01-2701 桐壺01章~10章,,たり(完了)

ことに触れ数しらず苦しいことばかりがいや増すので、それはもうひどく思い悩んでいらっしゃるのを、帝はますます愛情深くお思いになって、後涼殿に元からお仕えである更衣を、よそにお移しになり、空いた部屋を桐壺の上局として下賜なさいました。