2020-07-1902 帚木

2020-07-19

(左馬頭)こうした考えに至った経緯を、好き者めきましょうが申し上げましょう、と言ってひざをすすめるので、光の君も目をお覚ましになる。

2020-07-1902 帚木

2020-07-19

(左馬頭)ささいな技芸でさえこうなのですから、まして人の心のその場次第で思わせぶりな態度ができる見せかけの思いやりは、信頼できるものでないと思うに至りました、

2020-07-1902 帚木

2020-07-19

(左馬頭)字を書いた場合でも、深い意図などなくて、あちこちの点を書き流しどことなく気分を出している書は、ぱっと見には才気走り雰囲気があるようだけれど、やはりまことの筆法通りに細心の注意を払って書きえた書は、見た目のうまさこそ目につかな ...

2020-07-1902 帚木,分岐型

2020-07-19

(左馬頭)そうではありますが、人目では捉えられない蓬莱の山、荒海の恐ろしい魚の姿、唐の国の猛々しい獣の形、目に見えない鬼神の顔などおどろおどろしくこしらえた絵なんかは、心まかせにひときわ人の目を驚かすねらいであって、実物には似てないに ...

2020-07-1902 帚木

2020-07-19

(左馬頭)あるいはまた、宮中の絵所には名人がたくさんいますが、主任である墨書きに選ばれる場合でも、序列通り上手い下手の差など少しも見分けがつかないながら、