2021-01-2601 桐壺01章~10章,,なり(断定),べし

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,,なり(断定),べし

もとより帝の側仕えのような雑事をしなければならない身分ではございませんでした。

2021-01-2601 桐壺01章~10章,04 公的生活/出世・祝賀・行事,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,反復型

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,04 公的生活/出世・祝賀・行事,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,反復型

帝からの引きはこれ以上にないほどで女御の風格をお備えでしたのに、帝がむやみと側にお留になるばかりに、立派な管絃の会の折りや格式あるどんな行事にも真っ先にこの方をお召し上げになる、時には共寝したまま起きそびれそのまま側仕えをおさせになる ...

2021-01-2601 桐壺01章~10章,07 予言約束・予知神託・名付・夢,なり(断定),べし,めり,

01kiritsubo

2021-01-2601 桐壺01章~10章,07 予言約束・予知神託・名付・夢,なり(断定),べし,めり,

この御子がお生れになってからは正妻のように格別の計らいをなされたために、皇太子へもことによると、この御子がお立ちになるやもと第一皇子の母の女御は危惧なさっておられました。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,す・さす,,なり(断定)

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,す・さす,,なり(断定)

誰より早く入内され、帝にしても第一夫人として尊んでおいでのお心持ちは大変なものがあり、皇女までも授かっておいででしたから、この方のお諌めばかりは、さすがにわずらしく心苦しく思いながらも、耳をお貸しになるのでした。

2021-01-2301 桐壺01章~10章

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章

もったいないご加護をお頼み申し上げながら、おとしめあらさがしをされる方が多く、自身は病身で先が頼めない身そらであり、帝のご寵愛を全うし得ずかえって逃れ得ぬ死を感じ取っておいででした。