2021-01-2301 桐壺01章~10章

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章

そうした折りにも東宮権に障るような不面目が起きてはと案じて、御子を帝のもとにお留め申して、涙をのんで局(つぼね)を後になさるのです。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,まじ

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,まじ

亡き後まで心晴れ晴れとさせてはおかぬご寵愛だことなどと、弘徽殿などは死後もなお容赦のないおっしゃりよう。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,05 空間/天候・風景・自然・環境

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,05 空間/天候・風景・自然・環境

これまで生き長らえて来ましたことが何とも心苦しいのに、このような帝のお使いが草深い家へ露に濡れながらお越しいただくにつけても、居たたまれない思いがしてと、いかにも堪えがたそうにお泣きになる。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,分岐型,分配型,めり,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,分岐型,分配型,めり,る・らる

命の長さが大層つらく思い知られるにつけ、高砂の松がわたくしをどう見るか想像してさえ居たたまれませんのに、百官集う宮中に出入りするなどはまして憚り多いことで、かしこき仰せ言を度たび承りながら、わたくし自身はいかにしても、参内を思い立てそ ...

2021-01-2301 桐壺01章~10章,分岐型,分配型,,たり(完了),なり(断定),まじ,,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,分岐型,分配型,,たり(完了),なり(断定),まじ,,る・らる

おのが御心ながらあながちに人目を驚かせるばかりに思われたのも、長く続くはずもないことであったと、今はつらく思われるえにしで、つゆいささかも人の気持ちを損ねる気など思ってもみないことなのに、ただこの人ゆえにあまたの受けずともよい人の恨み ...