2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

かかる折にも あるまじき恥もこそと心づかひして 御子をば留めたてまつりて 忍びてぞ出でたまふ

0 ...

2021-03-29

01kiritsubo
原文 読み 意味

亡きあとまで 人の胸あくまじかりける人の 御おぼえかなとぞ 弘徽殿などには なほ許しなうのたまひける ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

今までとまりはべるがいと憂きを かかる御使の蓬生の露分け入りたまふにつけても いと恥づかしうなむとて げにえ ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

命長さのいとつらう思うたまへ知らるるに 松の思はむことだに恥づかしう思うたまへはべれば 百敷に行きかひはべら ...

2021-03-27

01kiritsubo
原文 読み 意味

我が御心ながら あながちに人目おどろくばかり思されしも 長かるまじきなりけりと 今はつらかりける人の契りにな ...