2021-01-2101 桐壺01章~10章,,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2101 桐壺01章~10章,,る・らる

決まりがあることなので、そう留め置くこともおできになれず、帝は病状を見届けてやれないもどかしさを言葉にできぬほどつらくお悔やみにでした。

2021-01-2101 桐壺01章~10章,たり(完了),る・らる

01kiritsubo

2021-01-2101 桐壺01章~10章,たり(完了),る・らる

とても艶やかでかわいらしいお方が、ひどく面やせて、ああつらいと運命をしみじみ感じながらも、言葉に出して申し上げることもできず、生死もつかず消え入りそうにしていらっしゃるご様子をご覧になるにつけ、後先のわきまえもなく、どんな誓いをも涙な ...

2021-01-2101 桐壺01章~10章,,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2101 桐壺01章~10章,,る・らる

胸がどうかするとふさがっていっかな眠られず夜を明かしかねておられる。

2021-01-2101 桐壺01章~10章,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2101 桐壺01章~10章,る・らる

お聞きあそばす御心は乱れ、何ごともお分かりにならず部屋へひき籠ってしまわれました。

2021-01-2101 桐壺01章~10章,す・さす,,なり(断),,る・らる

01kiritsubo

2021-01-2101 桐壺01章~10章,す・さす,,なり(断),,る・らる

生前后(きさき)はおろか女御とさえ呼ばせずに終ったことが、残念でならぬとお考えなので、せめて一階級だけでもと贈られたのです。