2021-01-2301 桐壺01章~10章,なり(断定),まし,まほし

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,なり(断定),まし,まほし

生不生は運命が決するもの、別れる道に来た今こうもわたしは悲しいのに、死出の旅を目指すのはこのはかない命なのです。お約束通りいつまでも一緒にいたいと心からそう願うことができましたならと。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,まほし,

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,,まほし,

御子のことはこんな場合でもご覧になっていたいと強くお望みだが、母の喪中に帝のお側にお仕えする前例はないことなので、ご退出の運びとなる。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,べし,まほし,らむ

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,べし,まほし,らむ

お見舞い申し上げて、詳しくご様子も奏上いたしたいところではございますが、お待ちになっておいででしょうし、夜も更けてしまいましょう、と帰り支度をする。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,分配型

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,分配型

子を失い暮れ惑う心の闇も耐えがたく、この先せめて出口が見えれば気も晴れましょうに。お話がしとう存じますから、私人の身でごゆるりとお越しください。

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,分配型,たり(完了),なり(断定),,べし,まじ,まほし

01kiritsubo

2021-01-2301 桐壺01章~10章,06 時間/時刻・昼夜・季節・時代,分配型,たり(完了),なり(断定),,べし,まじ,まほし

明くる年の春東宮がお決まりになる際にも、どうかして第一皇子を飛び越しこの宮を立てたいとお望みになるが、生涯の後見役にかなう人物もまだなくまた世間がうけがうはずもなかったので、これではかえって身が危ういと察知され人目を憚りおくびにも出さ ...