2021-01-1102 帚木01章~06章

02hahakigi

2021-01-1102 帚木01章~06章

頭中将はひどく信をおいて、頬杖をつき真向いに陣取っておいでである。

2021-01-1102 帚木01章~06章

02hahakigi

2021-01-1102 帚木01章~06章

左馬頭を囲む様子は法師が世の定めを説き聞かせる聴聞所のような感じがして興味がそそられたが、こうした機会にはそれぞれ秘め事までも隠し切れないことも興味をそそるのだった。