2021-01-11

ロゴ

一の宮に対して、「寄せ重く疑ひなき儲の君と世にもてかしづききこゆれどこの御にほひには並びたまふべくもあらざりければ(世の信頼 ...

2021-01-13

ロゴ

まじめな様子。

さるは いといたく世を憚り まめだちたまひけるほど なよびかにをかしきことはなくて 交野少将には ...

2021-01-13

ロゴ

意気込んでスタートすること。

宮仕へに出で立ちて 思ひかけぬ幸ひとり出づる例ども多かりかし など言へば

2021-01-13

ロゴ

光源氏を女に変えてとの解釈と、話者が光源氏の愛人になってとの解釈がある。源氏物語にはここ以外にも同表現が使われている「(光る ...

2021-01-14

ロゴ

出家を思い立つ。

思ひ立つほどはいと心澄めるやうにて 世に返り見すべくも思へらず

(左馬頭)思い立っ ...