うはべのなさけ 02-064

2021-01-13

表面的な愛情や情感。美しい身のこなし・手紙の書き方・声の出し方など、人間関係の潤滑油となるものの、後で加えることができる。


あまりのゆゑよし心ばせうち添へたらむをばよろこびに思ひ すこし後れたる方あらむをもあながちに求め加へじ うしろやすくのどけき所だに強くは うはべの情けはおのづからもてつけつべきわざをや

(頭中将)そのほかの生まれや育ち気立てのよさが備わっているならもっけの幸いと思い、すこし至らないところがあろうと無理な要求を加えたりしない。信頼がおけておっとりしたところさえ目立ってあれば、表面的なやさしさなどは自然と身につけてしまえるものですからね。

Posted by 管理者