あさぢふのやど 01-098

2021-01-11

桐壺更衣の母君の里。もちろん光の君のことを案じて思いやるのである。


 月も入りぬ 雲の上も涙にくるる秋の月 いかですむらむ 浅茅生の宿

月も沈んだ。雲の上といわれる宮中からさえ涙で見えない美しい秋の月、どうして澄んで見えようか、草深い里では涙にかき濡れさぞ住みづらかろう

Posted by 管理者