よろこび 01-088

2021-01-10

感謝の気持ち、お礼。ここまで、若宮について述べられていないので、ここでの「よろこび」は、桐壺更衣を女御や皇后・中宮にすることだろう。


故大納言の遺言あやまたず 宮仕への本意深くものしたりしよろこびは かひあるさまにとこそ思ひわたりつれ 言ふかひなしやと うちのたまはせて いとあはれに思しやる

故大納言の遺言をあやまたず宮仕えの宿願を堅く守ったことへの返礼は、甲斐あるものにとずっと思って来たが、そうは言っても詮ないことよと、ぽつりとおっしゃって桐壺の生涯を不憫にお思いやりになる。

Posted by 管理者