すずむし・鈴虫 01-076

2021-01-10

王朝文学に出る「鈴虫」は今日チンチロリンと泣く松虫のことであり、今日リンリンとなく鈴虫は松虫といった。


 鈴虫の 声の限りを尽くしても 長き夜あかずふる涙かな えも乗りやらず

松虫が羽を振り 声を限りに鳴くごとく長い秋の夜を泣き通しても 流れつづける涙ですこと どうにも車に乗り込めません。

Posted by 管理者