さればかのさがなものも 02-153

2021-01-14

常夏の本心が見えないことが当てにならない理由と考えるならば、思い出の中で理想化してきた例の口うるさい女も。エピソードの最後に左馬頭は指を喰う女を「ひとへにうち頼みたらむ方は、さばかりにてありぬべくなむ思ひたまへ出でらるる」と理想化していた。


されば かのさがな者も 思ひ出である方に忘れがたけれど さしあたりて見むにはわづらはしく よくせずは 飽きたきこともありなむや 琴の音すすめけむかどかどしさも 好きたる罪重かるべし

(左馬頭)「そうであれば、あの口やかましい女も心に思いが残っている点で忘れがたいけれども、正妻として顔をつきあわして暮らすとなると気詰まりで、悪くすると嫌気がさすこにもなったでしょう。琴が達者だった女の才気も、男好きの罪は重いと断じねばなるまい。」

Posted by 管理者