かうのどけき 02-139

2021-01-14

「かう」は、「久しきとだえをも、かうたまさかなる人とも思ひたらず/136」とあった。


かうのどけきにおだしくて 久しくまからざりしころ この見たまふるわたりより 情けなくうたてあることをなむ さるたよりありてかすめ言はせたりける 後にこそ聞きはべりしか

こんなふうにおっとりしているのをいいことにして久しく訪れもせずにいたところ、私の妻あたりから、情を欠いたひどいことを適当な仲立ちを通してほのめかせたとの由、あとではめて聞き知った次第です。

ヴァリエーション:
かうのどけき

Posted by 管理者