ひきやとめける 02-126

2021-01-14

「や」は疑問の投げかけ。実質は反語。


菊を折りて 琴の音も月もえならぬ宿ながら つれなき人をひきやとめける 悪ろかめりなど言ひて 今ひと声 聞きはやすべき人のある時 な残いたまひそなど いたくあざれかかれ

色の移ろった菊を折って、琴の音もよく月もさしこむ申し分ない宿なのですから、これまでつれない夫をひきとめて来たのでしょうね。どうやら分は悪そうに見えますなあ」などと言って、「もう一曲。聞いてよろこぶ人がある時に、弾き惜しはなりませんぞ」などと、ひどく戯れかかったところ、

ヴァリエーション:
ひきやとめける

Posted by 管理者