たどたどしからず 02-117

2021-01-14

「たどたどし」は渋滞する感覚。文字通りでは、たどたどしくないの意味だが、否定を使ってへりくだった表現をしているが、実質はかなり積極的なほめ言葉である。「否定的小さな賞賛=肯定的大きな賞賛」という公式が多くの場合成り立つ。


さて また同じころ まかり通ひし所は 人も立ちまさり 心ばせまことにゆゑありと見えぬべく うち詠み 走り書き 掻い弾く爪音 手つき口つき みなたどたどしからず見聞きわたりはべりき

「さてまた、同じ頃わたくしめの通っておりましたところは人品も格段にまさり、趣味の面でもまことに教養深いと誰もが思うように、歌もやすやすと詠み、字もさらさらと書き、ちょっと鳴らしてみる琴の爪音演奏の手ぶり歌いぶり、みなこともなくこなして見せるのを幾度となく目にも耳にもして来たものです。

Posted by 管理者