とかくいひはべりし 02-112

2021-01-14

あれやこれやを言う。何を言ったかは明言されていない。しかし、女の返答「あらためてのどかに思ひならば」とあるので、女に対して「のどか」でない状況が続いていたことがわかる。従って、復縁を迫るためにあれこれ言うという解釈は成り立たず、別れをちらつかせながら、依然女の嫉妬心を責め立てていたと思われる。


さりとも 絶えて思ひ放つやうはあらじと思うたまへて とかく言ひはべりしを 背きもせずと 尋ねまどはさむとも隠れ忍びず かかやかしからず答へつつ ただ ありしながらは えなむ見過ぐすまじき あらためてのどかに思ひならばなむ あひ見るべきなど言ひしを

こんな状態にありながらも決して向うから見放すような真似はすまいと思いまして何だかんだと責め立てましたが、きっぱり別れるでもなく尋ねあぐねて困るように姿をくらますでもなく、こちらの面子をつぶさぬ程度に応じながら、ただ「以前のままではとても見過ごすことはできません。浮気な心を改め落ち着いた気持ちにおなりなら一緒になりましょう」などと言いましたのを、

Posted by 管理者