かごにうちかけて 02-107

2021-01-14

衣服に移り香をつけている。


なま人悪ろく爪喰はるれど さりとも今宵日ごろの恨は解けなむ と思うたまへしに 火ほのかに壁に背け 萎えたる衣どもの厚肥えたる 大いなる籠にうち掛けて 引き上ぐべきものの帷子などうち上げて

なんだかばつが悪く照れくさくはあるものの、それでもこうして雪をおかして訪ねるからには今夜こそは日ごろの恨も消え失せようと思われて中に入りますと、灯りはほの暗いように壁に向け、着なんで柔らかな厚の綿入れを大きな伏籠にうちかけ香りをうつし、上げておくべき帷子などは片付けて、

Posted by 管理者