あはれなるうた 02-065

2021-01-13D:古典一般に見られる語彙

あはれを催させる歌。恋しさ、愛しさを呼び起こす歌。


艶にもの恥ぢして 恨み言ふべきことをも見知らぬさまに忍びて 上はつれなくみさをづくり 心一つに思ひあまる時は 言はむかたなくすごき言の葉あはれなる歌を詠みおき しのばるべき形見をとどめて 深き山里世離れたる海づらなどにはひ隠れぬるをり

(左馬頭)色気たっぷりと妙に恥じらって、恨みを言うべき事態にもひとごとみたいに我慢して外目には素知らぬふうに妻たる役割を演じるが、心ひとつに思いあまる時には、言いようもなく心に沁みる文句や情の濃い歌を詠みおき女のことを偲ばずにおかない形見をわざと残して、深い山里や辺鄙な海べなどにひっそりと身を隠してしまうそんな折りに、

2021-01-13D:古典一般に見られる語彙

Posted by 管理者